トップ

生活のトラブルを

生活のトラブルのお金の事

生活のトラブルの生活困窮の相談

現在、経済的に困窮しているなどの生活のトラブルについては、厚生労働省の主導のもと、セーフティネットとして様々な制度が設けられています。その代表的な制度としては生活保護制度がありますが、これ以外にも家計相談支援事業や生活困窮世帯の子どもの学習支援など、様々な生活のトラブルのケースに対応できる制度があります。こうした事業は法律をもとに厚生労働省が管轄するものですが、実際には各自治体が行っているため、制度を利用する場合には居住する都道府県や市町村が開設している窓口へと出向く必要があるほか、支援によっては資力など一定の要件を満たす必要があります。

生活困窮のための相談窓口は?

長引く経済の低迷で、仕事も少なく非正規雇用が増える世の中で生活のトラブルとして困窮の問題があげられます。そうした場合、どこに相談したらいいのか、わからない人も多いはずです。福祉事務所に行って生活保護を申請する場合もありますが、審査も厳しく色々な条件を科せられます。生活保護は税金を使うので、後ろ指を指されたり他住民と生活のトラブルを引き起こす要因にもなりかねません。市役所などの自治体でも生活困窮した場合の貸付、国保の減額、賃貸住宅の家賃の補助などもあり、相談してみるのも解決策を見出すのに有効ではないでしょうか。

↑PAGE TOP